ランドセルの購入ポイントと最近のランドセル事情

ランドセル購入の経験でアドバイスするならいくつかポイントがあります。まず、小学校6年の間使う事を考えたら、「とにかく丈夫で長持ちするもの」は大きなポイントですね

3人の子供がいて、その内2人は小学校へ上がりました。今はランドセルの種類やカラーも豊富で、本人たちも迷うことが多々ありました。色も購入時のポイントですが、まずは子供の体型なども考えた、メーカーかランドセルの形や素材を先に決めて最後にカラーを選択という選び方でした。

私がランドセルを買ってもらった頃は、軽い素材のランドセルが多くなかったので、丈夫さをポイントに置くと必然的にランドセルは重くなっていました。もちろんカラーバリエーションも、今のように色を選ぶ余地もありませんでした。

そんな事もあり、私の子どもには軽いランドセルの中から色を自由に選ばせました。

小学生の期間しか使用しないため、それ程高価なものは必要ないかなと思います。ですので、割とリーズナブルなランドセルを選びました。

日本のランドセルは実際に丈夫で長持ちするので、外国人の成人の方も愛用しているそうです。ファッション性も認められているようで、ランドセルのサイドに小物などでアクセントを付けて楽しんでいるようです。

広く見てみると、大体の機能面は各メーカーそれほど変わりがないことが分かったので、デザインや、カラーなど好きなものを選ばせるというのもひとつだと思います。

幼稚園や保育園出たばかりの、新1年生にすれば重いランドセルは苦痛だろうと思われます。もっとも、小学校高学年ぐらいになれば体も大きくなり体力もあるはず…だから、ランドセルの数百グラム程度は気にもしないでしょう。

最近のランドセルは工夫がされていて、子供の成長とともに肩幅を広げるとか、背負いやすくするためにベルトの取り付け部分に独自機能をつけるなど、機能面ではかなりの進歩が見られます。

もっとも、現代であればどのメーカーも作りは丈夫ですし、小学校生活6年間はまず大丈夫でしょう。それを見越して、6年間保証をつけているというのが現状です。また素材にもよりますがランドセルは以前よりずつと軽量化されていて、小学生にも疲れにくいやさしい造りが多いのです。

欲調べると、タイプが同じようなものであっても、相当値段に差があるのも事実です。といっても、主に材質の違いであり、大きくは人工皮革と本革の違いだと言えます。

ランドセルは小学生が使うものですが、やはり本革製は値段が高く、クラリーノ等の人工皮革のランドセルは安くなります。

ただそんな中でも、モギカバンがそうなのですが形状やシリーズが同じであれば、本革も人工皮革もそれほど価格が変わらないといったところもあります。

人工皮革素材は機能性に富み、湿度や雨に強い素材のものまであります。その意味では選べる幅がかなり広がっていると言えます。

あわせて読みたい:ランドセル購入について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です